補助金が出る太陽光発電

補助金が出るからこそ設置しよう

宮崎における太陽光発電の導入

宮崎県は、日本列島の中でも南方に位置しており、太陽の国と言われるように日照時間の長いことで有名です。
そして、一年間を通しての快晴の日数も多いことから、太陽のエネルギーを強く受けることができ、太陽光発電に適した気象条件であるといえます。
そこで、宮崎県では、このすぐれた気象条件を活かすために、家庭や企業での太陽光発電システムの導入に努めています。
そのために、県の予算枠を利用して住宅用や企業用の太陽光発電システムの設置に対しての補助金制度を設けているのです。
太陽光発電システムは、いまだ普及率が低いことからその設置に際しては家庭用であっても100万円以上の費用がかかってしまうため、導入を見送る人も多く居ます。
そのような潜在的な設置者の費用負担を減らしてシステム導入を促進する目的で、補助金制度は導入されています。
また、宮崎県内の自治体においても、独自の補助金制度を設けているところがあるのです。
その結果、新たに太陽光発電システムを設置する人は、国の補助金制度、宮崎県の補助金制度、自治体の補助金制度の併用をして、設置費用を抑えることが可能になります。
そして、発生した電力については、電力会社と電力の受給契約を結ぶことで、その電力の売却が可能になるため、設置コストの回収も見込めます。
このように、宮崎県自体が太陽光発電の導入を推進していることから、宮崎県内では多くの業者が太陽光発電システムを取り扱うようになりました。
新築の家屋を建てる際に、太陽光発電システムを設置している物件も多く販売されるようになってきました。
そして、宮崎県では、家庭用や事業用の太陽光発電システムの推進だけでなく、県有地について、電力事業会社に提供することで、大規模太陽光発電所の設置も検討しています。
大規模太陽光発電所が建設されれば、安定した電力の供給が望めるため、早急な建設が望まれます。
これにより、昨今の原子力発電所の稼働抑制による電力不足も解消される見通しです。


  • サイトマップ