補助金が出る太陽光発電

補助金が出るからこそ設置しよう

宮崎から太陽光発電を世界に

宮崎県というと昔から南国情緒豊かな気候として知られていました。
そのため、昔では新婚旅行といったら宮崎県と言われていたほどなのです。
現在では新婚旅行は海外旅行が多いため新婚旅行では行くことが少ないですが、
今でも毎年のように、プロ野球のペナントレースが終わって春先まで、
多くのチームが宮崎県でキャンプを行うことでも知られています。
それほど一年を通して温厚な気候となっています。
それは県木がフェニックスであることでも分かるでしょう。
フェニックスと言っても不死鳥のフェニックスではありません。
ここでいうフェニックスとはカナリーヤシのことです。null
葉のつき方がフェニックスの羽根に似た格好であるため、通称フェニックスと名づけられています。
南国のヤシの木が県木であるのが南国な気候である証しといっても良いでしょう。
他にも宮崎県では南国の果物で有名なマンゴーの生産でも知られています。
このような南国で温暖な地域だからこそ、注目されているのが太陽光発電システムです。
日本のなかでも南国の気候に近いため、陽射しが強く日照時間も長くなっています。
その気候は太陽光発電システムを最大限に活かすことができるのです。
2011年の6月から再生可能エネルギーの売電が法案化されたことで、
日本全国で太陽光発電システムの導入が進められています。
それも宮崎県でも同様なことが言えます。
でも、太陽光発電システムに適している宮崎県だからこそ、
もっと普及が進んでもいいと思っています。
このように、宮崎県を中心に太陽光発電システムの普及が進めば、
九州全体が原子力発電に頼らなくて済む社会を実現することができるかもしれません。
それを日本全国にも広め、さらには世界各国に広めていくことで、
世界が原子力発電に依存しなくて済む世界を実現することも可能となるでしょう。
核に怯えることもなく、核廃棄物で悩まされることのない社会を、
宮崎県から発信していけるものだと思っています。


  • サイトマップ