補助金が出る太陽光発電

補助金が出るからこそ設置しよう

宮崎での太陽光発電は大規模です

これから先、日本国中で各家庭や企業のオフィスビル、学校などの公共施設で太陽光発電の設置が進んでいけば、これまで当たり前と思われてきた電力事情は一変すると思います。
家や建物の屋根が電力会社になるかと思うと、ぜひとも実現させたい壮大な夢です。
最近よく耳にするようになった大規模太陽光発電、いわゆるメガソーラーと呼ばれる発電方法は、太陽光発電の可能性をさらに大きくしたと言っても過言ではないと思います。
特に宮崎で作られた、線路の跡地にソーラーパネルを敷きつめた光景は、発想の転換次第でこれまで何も役立っていなかった場所が、一躍電気という貴重な資源を生み出す場所に変身したことを、雄弁に物語って見せてくれています。
宮崎の大規模太陽光発電は、県と太陽光発電事業を行う事業者が共同して会社を設立し、製造、発電、活用を一貫して行っています。
とかく電力会社というのは権限を集めがちですから、県と協力して電気を作り出す体制にしたというのは、双方の情報交換が速やかに行われることにもつながるのではないかという気がします。
宮崎でのメガソーラーは、間違いなく他の地域にもその企業価値を認めさせる結果になっていると思います。
企業の海外進出が進み、広大な空き地が増えてきているとされる今の日本においては、日当たりさえよければ、自然エネルギーを作りだし、そこを経済活動の場にすることができるということが、宮崎のメガソーラーからはっきりと分かったと考えられるからです。
第三セクターと呼ばれる赤字路線の鉄道が廃止されると、後には線路が残ります。
宮崎のように旧線路を上手に活用し、ソーラーパネルを並べるという手法は、今後メガソーラーに乗り出したいと考える企業が見つかれば、どこででも比較的簡単にできるのではという気がします。
メガソーラーの成功によって、宮崎県民の太陽光発電への意識はより良いものとなり、各家庭への取り付けも加速するのではと思うのでした。


  • サイトマップ