補助金が出る太陽光発電

補助金が出るからこそ設置しよう

宮崎県は太陽光発電がおすすめ

現在、太陽光発電の設置が日本全国レベルで人気です。
この理由としては、地球温暖化に対する関心の高まり、電力不足に対する懸念、導入時の補助金の充実など、さまざまなことが考えられますが、一番の理由としては非常に有利な価格で発電した電力を電力会社に買い取ってもらえる固定価格買い取り制度であるといえると思います。
ちなみに一般家庭で導入されることが多い10kW未満の太陽光発電システムの場合1kWあたり42円という価格で10年間買い取りをしてもらうことができます。null
我が家でもこの点を一番の魅力と考え、太陽光発電を購入しました。
さて、太陽光発電は当然のことながら太陽光がなければ発電しないので、日照時間が長い地域が太陽光発電には向いているといえます。
そしてそのような地域としてあげられるのが宮崎県です。
宮崎県のホームページに掲載されているデータを見てみると、宮崎県は年間の日照時間が2,116.1時間であり全国第3位、さらには年間の快晴日数が52.7日であり全国第2位となっています。
宮崎県は立地的に太陽光発電の導入に向いているということがこれらのデータから分かるのですが、さらに補助金が充実しているという点も有利であるといえます。
太陽光発電を導入する際の補助金としては、1kW当たり3万円または3.5万円(1kW当たりのシステム価格による)が受け取れる国からの補助金がよく知られていますが、宮崎県ではそれとは別に県独自の補助金が設けられています。
ちなみに2012年10月現在支給されている県の補助金としては1kWあたり20,000円、上限額は60,000円となっています。
うれしいポイントとしては、国からの補助金と県の補助金を重複してもらうことができるということです。
さらに、宮崎市、日向市などをはじめとする宮崎県の一部地域においては市や町が独自の補助金を支給されています。
つまりこれらの地域で太陽光発電を導入する際には、国、県、そして市または町とトリプルで補助金を受けられるというわけです。

  • サイトマップ