補助金が出る太陽光発電

補助金が出るからこそ設置しよう

シャープの蓄電池

これまで、太陽光発電システムを自作するということを紹介してきました。
確かに、自作自体はとても簡単なものですし、値段もさほど高いというものではありません。
しかし、やはり自作ですので、出力不足は否めません。
もし、いざというときの備えに、電気を蓄えておきたいという場合には、自作では限界があります。
そこで重要になってくるのが、蓄電池です。
最近では、素晴らしい蓄電池がどんどん開発されてきています。
今回はその中でも、太陽光発電システムのトップメーカー、シャープの蓄電池です。
シャープの蓄電池は、コンパクトで軽量、持ち運びもできるタイプとなっております。
大きさは幅が465ミリメートル、奥行きが300ミリメートル、そして高さが439ミリメートルとなっております。
ちょっと大きめなダンボールくらいの大きさですので、さほど邪魔にもなりません。
重さは16キログラムということで、大きな柔軟剤が6本入ったくらいの重さです。
持てない重さではありません。
下にはキャスターがついていますので、平らな場所での移動は楽チンです。
持ち運びに便利ですので、普段の家庭で使うのはもちろんのこと、外にも持ち運べます。
さらに、この蓄電池の場合は、AC電源が3つついており、USB端子も2つついております。
ですので、スマートフォンを充電したり、パソコンを使用したりすることもできます。
家庭用ですと、どのくらい使うことができるのでしょうか。
冷蔵庫ですと3時間半、テレビですと6時間半となっております。
これならば、停電の間の非常用としては、十分すぎます。
オフィスでは、ノートパソコンや蛍光灯、スマートフォンに扇風機を使っても、2時間同時に使うことができます。
店舗でも、POSシステムや監視カメラを2時間程度使うことができます。
そしてアウトドアでも、テレビに冷温庫、電球照明を5時間同時に使うことができるので、心強いです。
もし自作が無理な場合には、このような蓄電池を使うというのも、ありですね。


  • サイトマップ